買い取り時にあなたが前払いしている分の税金

クルマを持つあなたならば承知だのはずですが自動車税という税金が課税されます。仕事 辞めたい アフィリエイト

そして自動車税はクルマ買い取りの際に一般に戻ってくるものなのです。

こういったことは現実にやってみたら直ぐに分かりますが、では頭から流れを出来るだけわかりやすく案内しましょう。

一応注意書きするとすれば、国産で作られているクルマのみが対象ではなくイタリア車も自動車税が還ってくる対象になっています。

当然ですが自動車などもそうですね。

クルマのオーナーが支払う税でそれぞれの排気量により規定されています。

1リッターより低いのであれば29500円で、1リッターより上で1.5リッター以下までが34500円になります。

これ以降は500ccずつ5000円ずつ増加します。

またこれは4月1日時点で車を所有している人が以後一年分のお金を支払う定めとなっています。

前払いになるということですので、当然自動車を手放して所有権がなくなったケースなどは前払いした分の金額は戻ってくるんですね。

この税の場合は事前納付で年度内の金額を払いますので、その年度内にクルマを売った場合は新たなオーナーが自動車税の納付義務を負うのです。

買い取った相手が買取専門店ならば、買い取り時にあなたが前払いしている分の税金を返してくれます。

要は、所有権が移った瞬間以降の税は入れ替わった保有者が支払い義務を負います。

例えばあなたが10月の間に車を売却した場合は、11月から次の年の3月の間までの自動車税は還ってくるのです。

というのも、前述した通り自動車税という税金は一年分を先払いしているという決まりから来ています。

つまり前オーナーは買取先に税金を返してもらうということです。

個人で愛車を買い取ってもらうときに結構このことを忘れている方が見受けられるのできちんと確認をとるようにしましょう。

自動車税という税金はクルマを売った際に返ってくることをあまり知られていない事をいいことに、その事実を言わない買取業者も存在します。

こちらから自動車税の返金に関して言わなければ、全然返金のことに説明しないという場合も聞かれます。

なのでクルマの買い取りをお願いするさいには、払いすぎた税金が戻ってくることを聞くことを忘れないようにしましょう。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.charlesmartinart.com All Rights Reserved.