ユーザーに問題がない限りは

クレカを所有していると一般的には契約しているカード会社から利用明細書が送付されてきます。

そのご利用明細を保管しておけばどの場所で何時に何にどのくらい利用したのかについての詳細が書かれているため、これまでそのクレジットカードを使って払った支払いの履歴を一目するために実に易しく安心です。

これ一本で使うにはある意味困難と思いますがおこづかい帳のような感じに見立てることも面白いし、家計管理がもっとやりやすくなるはずです。

なおクレジットカード利用明細書の案内があってから一般的に数週間で決済金額の送金が行われるわけです。

そのためその利用明細を目ざとく見ていて疑問に思う記録例えばもし申し込んでもいないサービスが書かれていたら指定の電話番号に連絡して尋ねればいいことが多いでしょう。

もしスキミングによる乱用などといった異常なカード使用が分かったような時でも、ユーザーに問題がない限りは、大多数の問題はクレジットカード会社が疑わしい項目をリストからはずしてくれます。

今時はこの便利な明細書をネットで確認できるカードが一般的です。

常にどこでどんなものを決済したかを把握しておく方法でカード詐欺に用心することはもちろん、おこづかい帳としても使えて貯金管理といったこともいっぺんに足りてしまいます(パソコン画面で参照可能なカードは前の利用履歴や来月以降の請求額なども参照できるようになっています)。

カードはカード利用以外の意味でも力になるモノだと言えます。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.charlesmartinart.com All Rights Reserved.